タイトル
 
子どもの本の力を信じていたイエラ・レップマンは、戦争で傷ついた子どもたちに笑顔を取り戻したいと考え、「子どもの本で平和を作ろう」と20か国に手紙を書きました。そして1945年、寄せられた4,000冊の本の展示会が開かれることに!『 子どもの本で平和をつくる』では、その展示会で戦いが嫌いな牛・フェルディナンドのお話『はなのすきなうし』と出会った姉弟のストーリーが語られています。その後4つの都市を巡回した展示会では、本を持って帰りたいと強く願う子どもたちのために、『はなのすきなうし』を翻訳し3万部印刷してお土産にしたそうです。
 
1949年には「世界の子どもの本の図書館」(ミュンヘン国際児童図書館)ができました。「この混乱した世界を正すことを、子どもたちから始めましょう。そうすれば子どもたちが大人たちに、進むべき道を示してくれるでしょう」「他の国々から届いた本を見ることによって、子どもたちは、お互いにつながっていると感じるでしょう。戦争がまた始まらないようにするには、それが一番ではないでしょうか」というイエラの言葉は、今の私たちにも響いて胸が熱くなります。
 
絵本イメージ
『子どもの本で平和をつくるーイエラ・レップマンの目ざしたことー』
文:キャシー・スティンソン
絵:マリー・ラフランス
訳:さくまゆみこ
出版社:小学館

『はなのすきなうし』
文:マンロー・リーフ
絵:ロバート・ローソン
訳:光吉夏弥
出版社:岩波書店
 
米倉さん
米倉 由布子(よねくら ゆうこ)
 
白山子ども図書館ほんの森
麻生区白山1-1-5(白山愛児園地域交流スペース内)
TEL:090-4128-5647(虹の会)
URL:http://honnomori.webcrow.jp/