くらしの彩りタイトル
 
先日のおはなし会でのこと。『万次郎さんとおにぎり』(文:本田 いづみ、絵:北村 人/福音館書店)を開いたとたん、題名の下に描いてあった稲穂を見て、「イネ!」とうれしそうなかわいい声が!そして絵本の中のおにぎりをつかむようにして、みんなに配ってくれました。以前は話しかけてもいつもママに隠れていた子のくつろいだ行動に、ほのぼのとした出来事でした。
この本は柔らかいタッチのお話です。万次郎さんが育てたお米でおにぎりを作ります。ところが作ったおにぎりがころりと転がって表へ…。最後の「おてんとさまあ、おにぎり、いただきます」のところでは、いつの間にか田んぼやお日様、自然の恵みのありがたさがふんわりと満ちて、心とおなかがいっぱいになるのです。
絵本にはいろいろな楽しみ方があります。例えば自然を題材にした絵本なら、子どもと一緒に自然科学の楽しいことを教わりながら、子育てや人生の「ほっとエッセンス」をもらいましょう。『あきの おさんぽ いいもの いくつ?』(作:おおたぐろまり/福音館書店)では、里山で1つ、2つ、と「いいもの」を数えながらお散歩します。発見のワクワク!身近な風景の中に宝物(子どもとのその時間も、ですね)!さあ、探しに出かけましょう!
 
本
 
 
米倉さん
米倉 由布子(よねくら ゆうこ)
 
白山子ども図書館ほんの森
麻生区白山1-1-5(白山愛児園地域交流スペース内)
TEL:090-4128-5647(虹の会)
URL:http://honnomori.webcrow.jp/

タグ: