麻生区・新百合ヶ丘エリアの地域情報紙 マイタウン > 連載・コラム SERIES > 麻生の人 > 【麻生の人 vol.70】世界初男性メインのレビューを川崎が誇る文化に〜 神崎 順さん

連載・コラム SERIES

【麻生の人 vol.70】世界初男性メインのレビューを川崎が誇る文化に〜 神崎 順さん


神崎 順さん
かわさき産業親善大使、俳優、
ショー企画・制作プロデューサー
神崎 順さん(麻生区在住)

 

世界で唯一無二の男性だけのレビューユニット「10carats」の総合プロデュースを手掛け、男性レビュースターを育てている神崎順さん。レビューを川崎が誇る文化にすることを目指して、6月30日(金)からアルテリオ小劇場で「10carats」を軸に、宝塚OGや第一線で活躍している多くのミュージカルアクターを起用したレビュー公演「Fabulous Revue Boys Vol.14 Dream Selection」が上演される。

* * *

小学校時代に見たSKDレビューに感動して以来、いつかは自分もと思うようになった神崎さん。芸能界入りし、テレビ出演やレコードデビューを果たした後、活躍の場を舞台へと移し、「レ・ミゼラブル」「シェルブールの雨傘」など、数多くの大作ミュージカルに出演。多くの宝塚OGとの共演を機にレビューの舞台に出演、振付・演出なども手掛けるようになり、2012年には「かわさき産業親善大使」に任命され、レビューという文化を川崎が誇る文化芸術として世界に発信している。昨年12月には、長年にわたる芸能活動と、その中でもレビューという文化を個人として守り続け、芸道に精進してきたこと、ハワイ公演など海外でも活躍していることが認められ、「東久邇宮国際文化褒賞」を受賞。14年にレビュー次世代スターとして結成した「10carats」も昨年かわさき産業親善大使に任命され、彼らをメインに元宝塚スター、ミュージカル界で活躍のエンターテイナーが集結して、今年6月からアルテリオ小劇場をホームグラウンドに年4回定期公演を行い、文化芸術のまち・川崎を世界中にアピールしていく。
「兵庫県宝塚市に宝塚歌劇団、麻生区の新百合ヶ丘に川崎レビューがあると言われる日が来れば素晴らしい。新百合ヶ丘にはさまざまなジャンルの世界に通じる芸術があり、歌舞伎やオペラ、オーケストラなどとレビューが融合したエキサイティングな総合芸術の舞台ができたら。『Fabulous Revue Boys Vol.14 Dream Selection』はフレンチカンカンあり、戦争によって引き裂かれた親子の愛をレビューというオブラートに包んだ場面あり。たくさんの夢をセレクトし、最後は圧巻なフィナーレで、劇場を後にする人が温かい気持ちになって、明日からの人生を希望を持って頑張ろうと思えるような舞台にしたい」

 

舞台裏
見ている人を納得させられる完璧な美しさを追求し続けるのがレビューボーイズ。常に感性・創造力を研ぎ澄まし、感じる力を養う。

 

舞台フィナーレ
「再びレビュー全盛期になることを、また麻生の芸術を語る上で僕らのレビューが不可欠になっていけることを願って」

 
 

【問合せ】
TEL/044-989-3589(E・S・P)
URL/http://junkanzaki.cart.fc2.com/

カテゴリー
CATEGORIES

連載・コラム SERIES