去年の作品
いつもとちょっと違う黒川との出会いが待っているかも。
(写真は昨年の「サトヤマアートサンポ2017」出品作品)
秋も深まる11月、自然豊かな里山風景が残る黒川地域で、2つのアートイベント「サトヤマアートサンポ 2018」と「緑と道の美術展 in 黒川 2018」が開催されます。
「サトヤマアートサンポ」では、稲刈りを終えた田園や竹が茂る緑地の中に、和光大学表現学部芸術学科の学生が、地元農家や明治大学黒川農場と連携して制作したアート作品を展示。今年は、自然と人工物との対比や、若者らしい着想に満ちた黒川の豊かな自然環境や歴史に焦点を当てた作品を鑑賞することができます。
また、黒川緑地管理協議会とアトリエIZUMIが主催する「緑と道の美術展 in 黒川」では、石・木・金属など、さまざまな素材を生かした全21作品を展示。アトリエIZUMI以外のアーティストも参加し、緑地にアートで彩りが添えられます。
これらのイベントをさらに楽しむ方法としては、作品解説付きのアート散策ツアーがおすすめ。11月10日(土)10:00〜は「サトヤマアートサンポ 2018 ツアー」、11日(日)12:30〜は「緑と道の美術展 in 黒川 2018 作家とめぐる散策ツアー」が行われます。いずれも当日先着30人まで。詳細はお問い合わせを。
 
[INFORMATION]
黒川里山アートプロジェクト
【サトヤマアートサンポ 2018】
開催期間:2018年11月9日(金)〜18日(日)
会場:黒川駅南口〜セレサモス〜明治大学黒川農場周辺
【緑と道の美術展 in 黒川 2018】
開催期間:2018年11月1日(木)〜30日(金)
会場:はるひ野駅南口〜黒川海道緑地〜セレサモス〜黒川駅南口
※共に入場無料
 
 
【お問合せ】
TEL:044-965-5112(麻生区役所企画課)