演奏されるのを待つ麻生市民館ホールのピアノ
 
麻生市民館にて7月10日と11日の2日間、区民にホールを無料で貸し出し音楽を奏でる機会を提供する企画「観客のいない市民館ホールをあなたの音楽で独り占め」が行われました。
 
新型コロナウイルスの影響を受けて大ホールで開催予定のイベントが次々と中止になる中、同館の職員が、市民の気持ちが少しでも明るくなればと企画したものです。募集対象はプロ・アマ問わず、麻生区在住・在学・在勤者を含む4人までの音楽グループまたは個人の演奏家(1組45分間、ホールとピアノを無料貸し出し)。締め切りまでに44組の応募があり、厳正な抽選の上、12組が実際にホールを貸し切って使えることになりました。
 
当日ホールで演奏をした団体の一つ、箏の4人グループ「アンサンブル AOGI」のメンバーは、7月1日に当選の連絡を受けてから本番まで、生活にメリハリが生まれ気持ちも明るくなり、あっという間だったと言います。演奏後には「広い舞台で気持ち良く演奏することができ、とても贅沢な時間でした。これからの日々、演奏も生活もアイデアを持って楽しみたい」と顔をほころばせました。
 
また同館の担当者は、「この地域は日頃から音楽に親しむ人が多く、それぞれの活動が活発です。だからこそ、このような企画を考えましたが、思った以上に沢山の応募があり、市民の皆様のパワーを実感しました。少しでも早く新型コロナウイルスが収束し、再び多くの市民の方の手によって、街に豊かな音楽が流れるようにと願っています」と話します。今後演奏の様子や演奏家のインタビュー動画はダイジェスト版に編集され、8月頃に川崎市のYouTubeチャンネルで公開される予定です。
 
 
無観客ホールでの演奏の様子
観客のいないホールで演奏する「アンサンブルAOGI」のメンバー
 
 
【お問合せ】
川崎市立麻生市民館
麻生区万福寺1-5-2
TEL:044-951-1300
MAIL:88asaosi@city.kawasaki.jp