麻生区・新百合ヶ丘エリアの地域情報紙 マイタウン > 注目のニュース TOWN TOPICS > 新百合ヶ丘総合病院の南東北グループが 梅ヶ丘拠点福祉施設運営者に選定

注目のニュース TOWN TOPICS

新百合ヶ丘総合病院の南東北グループが 梅ヶ丘拠点福祉施設運営者に選定


 

区内で最後の大型福祉案件といわれる「梅ヶ丘病院跡地利用」の公募で、新百合ヶ丘総合病院の運営法人・三成会が所属する「南東北グループ」が選定を受けた。世田谷区からは、介護老人保健施設(老健)と障害者支援施設の複合施設の提案が求められていたが、南東北グループは、地域移行に向けたリハビリテーション機能を追加したことなどが評価された。
「急性期病院で治療を受けた後、日常生活に戻るための回復期リハビリ病棟。この入院期間で日常生活に戻れない高齢者には、同じ施設の中の老健に短期または長期の入所をしていただき、地域で強力なリハビリテーションが受けられるというメリットがあります。グループ内の社会福祉法人の障害者・児の施設運営での実績も評価されました」と同グループ・南東北福祉事業団の鈴木正事務長は説明する。本拠地・福島県内の病院や新百合ヶ丘総合病院、江古田にある総合東京病院と福祉センターとの施設連携も強みになっている。
 障害分野では、障害者にパーソナルなサービスを展開するとともに、世田谷区障害福祉の拠点として60人への施設入所支援を。高齢分野では、地域包括ケアの先駆的取り組みで地域のサービス事業をリードする施設として、老健100床、通所リハビリ80人、リハビリ病棟92床の検討を進めている。
「介護職離れが著しく、学校にも学生がいないような状況です。さらに、リハビリ病院併設で多くのスタッフが必要となります。良好な職場環境づくりにグループを挙げて取り組んできたので、一度、職を離れた人たちにも活躍してもらえるはず。採用説明会を開催するので足を運んでほしい」と人財開発部・諸橋泰夫部長は人材確保に躍起だ。採用説明会は、2月12日(日)14:00より(17時終了予定)、新百合ヶ丘総合病院3階STRホールで開催される。

 

建物完成予想図
梅ヶ丘拠点整備プロジェクト 建物完成予想図

 

南東北グループ
(左から)南東北グループ・南東北福祉事業団の鈴木正事務長と、人財開発部・諸橋泰夫部長

 

南東北グループ 人財開発部
住所/麻生区古沢都古255(新百合ヶ丘総合病院内)
TEL/044-322-0253
FAX/044-322-8291​
URL/http://jinzai4.wixsite.com/umegaoka/(梅ヶ丘拠点整備プロジェクト採用サイト)
●施設は2019年4月にオープン予定