麻生区・新百合ヶ丘エリアの地域情報紙 マイタウン > 注目のニュース TOWN TOPICS > 川崎授産学園で一流シェフたちによる 昼食提供慰問

注目のニュース TOWN TOPICS

川崎授産学園で一流シェフたちによる 昼食提供慰問


 

 10月29日、川崎授産学園(麻生区細山1209)で、公益社団法人全日本司厨士協会東京地方本部による昼食提供慰問が行われた。慰問に訪れたのは、同協会の横澤孝行町田支部長ら8人のシェフたち。昼食提供慰問は今年6年目となるが、きっかけは同東京地方本部副会長であるレストランあさおの對比地治夫さんが「普段なかなかレストランに行き本格的な料理を食べる機会の少ない障害を持つ人たちのために、ランチ提供に行きたい」と同学園の石井学園長に声を掛けたことだった。その後、毎年さまざまな豪華ランチが利用者やその家族のために振る舞われてきた。この日シェフたちは、京王プラザホテル、高輪プリンスホテルなどの自身の仕事を休み、朝早くから本鴨肉ハンバーグランチの準備と仕込みを行い、130食を提供。学園の利用者たちは、一流シェフが心を込めて作ったハンバーグやサラダ、スープなどに「おいしいおいしい」と盛んに頬を緩めていた。

 

食事の様子
提供されたハンバーグランチは利用者たちから大好評

 

記念撮影
シェフたちとの記念撮影