注目のニュース TOWN TOPICS

川崎西法人会 会社見学と租税教室を実施


 
将来を担う子どもたちのために

 

 7月26日、公益社団法人川崎西法人会の青年部会は、昨年11月に実施して好評を博した小学生を対象とするイベント「会社見学及び租税教室」を開催した。
 今回は麻生区内の小学4年生から6年生までの21人が参加。集合場所からマイクロバスに乗り込むと、まずは有限会社ホープフル(多摩区登戸)が運営する川崎新田ボクシングジムを訪れ、ボクシングを体験。続いてCM映像製作を行う株式会社hy-phen(多摩区枡形)で特殊効果映像の製作過程を見学した。午前の部最後は租税教室会場の琴平神社(麻生区王禅寺東)へ移動し、税について楽しく勉強。午後の部ではセキュリティ機器の開発を行う株式会社三矢研究所(麻生区上麻生)を訪れ、今話題のドローンなども見ることができた。そして最後は納豆の製造・販売を行う株式会社カジノヤ(麻生区岡上)で工場内部を見学。1日を通して一瞬たりとも飽きることの無い貴重な体験の連続に、子どもたちは充実感に満ちた表情で、帰り際には楽しかったことを興奮気味に話してくれた。
 同部会は、子どもたちが身近な地域の会社を訪問することで働くことへの興味や夢を持ち、租税教室においては税の仕組みや社会で果たす役割を学んで、将来に役立ててくれることを期待している。また、集団行動を通じて、公共の場でのマナーやチームワークを育みたいとし、今後も地元企業の協力を仰ぎながら同イベントを継続していくという。

 

租税教室の模様
国税庁e-Taxキャラクター「イータ君」も参加した租税教室で、積極的に発言する子どもたち。

ボクシング体験
ジムでは新田会長と永井プロの指導のもと、グローブをしてサンドバック打ちも体験!

映像製作過程を見学
hy-phenでは、飲料CMで実際に使われている水しぶきの映像製作過程を見学。

ドローン
三矢研究所ではドローンを目の前にして興味深々!

カジノヤ工場見学
カジノヤでは納豆製造工程の丁寧な説明を受けた。

 

【問合せ】
TEL/044-980-4131(川崎西法人会 事務局)