麻生区・新百合ヶ丘エリアの地域情報紙 マイタウン > 注目のニュース TOWN TOPICS > 川崎フロンターレ 2016シーズン始動! 新加入選手抱負を語る

注目のニュース TOWN TOPICS

川崎フロンターレ 2016シーズン始動! 新加入選手抱負を語る


 

 1月17日、高津区の洗足学園音楽大学・前田ホールで、川崎フロンターレの「2016シーズン新体制発表会見」が開催された。当日はフロンターレカラーに身を包んだ約800人のファン・サポーターが参加。フロンターレならではのユニークな演出で、3時間半にも及ぶ会見は終始笑いに包まれた。今シーズンの新加入選手は、元日本代表FWの森本貴幸選手、韓国代表GKのチョン・ソンリョン選手など8人。川崎市出身で実家が溝ノ口からすぐ近くという森本選手は、「フロンターレの一員になれることを本当にうれしく思っています。能力の高い選手と一緒にプレーすることで良い面をたくさん吸収し、10ゴールを目標に頑張っていきたい」と抱負を語った。今年、川崎フロンターレはチーム創立20周年の節目の年。今年こそ! 念願の初タイトルを祝いたい。
 
frontale1

frontale-2
元日本代表FWの森本貴幸選手