編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE

GOGOカノン♪ トマト騒動~編


ママが気分ルンルンになって作っていたミニトマト・・・。枝葉も感動する位張って、道行く人を「ねえねえ、うちのトマトすごいから見に来て」と、呼んでくるんじゃないかと思うような舞い上がり気分のママでしたが・・。
台風の翌朝、気になって気になって4時に庭に飛び出したママはガ~ン! 一瞬にして奈落の底へ・・。強風と激しい雨に煽られ振り回され、なんと300個位なっていたトマトはほとんど落ちて、茎は根元からバキバキに裂けて折れて、・・。トマトたちは大きさは充分だったのにまだ青かったので、ママあんなに盛り上がっていたけど結局1個も収穫することなくアウトだな、って感じでした (T_T) それでも 支柱を直したり、固定してあったワイヤーを全部外して紐に変え、新たな支柱に留め直したり、物干しから全体を吊ってみたり・・なかなか往生際の悪いママでした。

おまけに悩みに悩んで、こんなものまで作っちゃいました。未熟グリーントマトのピクルス。サッとお湯に通して 酢、白ワイン、塩、砂糖、ローリエ、赤唐辛子、ニンニク、それと有り合わせのスパイスを入れたものを沸かしたところに入れて出来あがり♪ 写真の容器のラベルは物もちの良いママのせいであって、中身には関係ありません。実はこれ、結構美味しかったようでした。ホームパーティーの時に、大切なお客様にママったら、堂々と これこれこういうわけで・・・って説明してお出ししたら、「おいしい!これすごい♪」って好評でした。ママやったね(^^)/

次にママが目を付けたのがこちら (゜o゜)  トマトの花と葉っぱでした。お庭に出来た野菜たちを天災ごときで廃棄物に出来ない!と、ばかりにメチャメチャに折れた茎から、このままではシオシオになってしまうであろう可愛い小さなトマトの花と栄養たっぷりとしか思えない青々とした葉っぱを丁寧にはずしていき、洗った後沸かしたお湯に入れてさっと茹でこぼし、再度湯を換えて投入!これで灰汁は取れたということにして、キャベツ、ズッキーニ、タマネギ、パプリカ、しめじ、ニンニク、ベーコンと共にコンソメキューブとデミグラスソース、赤ワインで煮て、コショウで味を調えました。トマトの葉っぱなんて八百屋さんで売っても無いし、レストランで出すところもない。生まれて初めて食材として考え、生まれて初めて食べたママはかなり無謀な冒険家だと思います(^O^) 表面に薄く毛が生えているのか口に入れた時はフワッとしていて、噛んだときの食感が良いのにはビックリだって♪

大根、カブ、人参などは葉っぱも売ってて食べるのに、トマトの葉っぱはお店で見たことないよね。まあ、トマトは美味しい実を生らさないといけないから太陽から栄養をとるための葉っぱは収穫しちゃダメなんだよね。
でも「この前テレビで 沖縄ではゴーヤの葉も食べると言ってたし、戦時中はサツマイモの葉や茎も食べてたと言うからトマトが食べられないわけ無い」と思ったらしい・・。

「生い茂っていたのに赤い実のひとつも世に送れずにただ枯れていくなんて可愛そう」
そのトマトへの大きな愛が、ママをこんな『不思議料理人』にしてしまいました。
もうひとつの画像はママ曰く『うらめしや生け花』  枝の角度と言い、ピカピカつやつやの青いトマトたちと言い、台風を恨んでる感じでしょ(^_^;)

その後・・・そんなトマトたちも、ママの必死の努力の甲斐あってか、元々かなりの生命力なのか、わずかな繊維だけでつながっているような具合なのに 頑張ってこんなに実を付けています。今度は赤いのもちゃんとあります。

台風の後は大好きなトマトがボロボロで、カノンもとっても悲しい気持ちでしたが、今や毎日お庭やベランダに出るのが楽しくて仕方ありません。朝はママより早く朝採りトマトを楽しませてもらっています。夕方も、「お家の中は暑いから外に行きたいの~」ってふりしてお庭に出してもらっては パクパクトマトバイキングです\(^o^)/   枝が少なくなり、高さも台風前より低くなってしまったけど、トマトたちが元気になってホントに良かったです♪ カノンも嬉しい!!

・・でも、今日は食いしん坊カノンの話は置いておいて、『ただでは起きないママのお話』で・し・た
(-^〇^-) (C)