編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE

GOGOカノン♪ 薬師池公園~編


カノンで~す♪ 今日は町田の薬師池公園に遊びに行きました。

ここは麻生区からも近くて手軽に行けるのでよく知られているけれど、「新東京百景」「東京都指定名勝」に指定され、「日本の歴史公園100選」にも選定されたとっても素敵な公園です。まだ今は泥だけの蓮田も、もう少しするとザリガニ釣りをする子ども達で賑わい、7月下旬~8月になるとなかなか他では見られない、大群落の蓮が咲き誇る幻想的な世界が広がるんだって。ふ~ん、実はカノンはカリカリしたレンコンも好きなのだけど、お花も見てみたいなあ(^-^)

椿園、梅林にかこまれて、公園の中央部には薬師池。池の中ほどには二重の太鼓橋があり、集まってくる池の鯉や亀に向かって餌をやっている人たちも・・。池には顔の黒い珍しい鴨が・・・(゜o゜) キンクロハジロという鴨らしい。名前の通り目が金色で頭が黒くて羽が白い鴨。カノンは気になって仕方なくて、必死に覗きこんでしまいます。 

やくし茶屋の方から萬葉草花苑の脇を抜けて行くと、カメラを構えた人が何人も・・。ここにも野鳥たちが沢山集まるからシャッターチャンスを狙っている人たちがジッと待っているんだね。可愛い表情のヤマガラと、シジュウカラが行ったり来たりしていたよ。

都指定有形文化財である江戸時代の医家、旧・荻野家住宅に有った「板倉」という、米や雑穀を入れておく板囲いの穀物庫では、江戸時代からの食べ物の匂いが染みついていたのか、カノンはやたらに気になっちゃってウロウロ何回もまわりを回ってクンクンしてしまいました(^_^;)

福王寺薬師堂に行こうと階段を上り、途中で道を間違えて菖蒲田の上のほうに出てしまった。すぐ東側には鎌倉街道が走っているのに、とても静かで穏やかなのは木立が車の音をさえぎっているせい?

公園の奥の方では水が湧き出し、水車小屋や井戸、そして菖蒲田が・・。この公園の花菖蒲は2200株も植えられているんだって。うっとうしい梅雨時でも、こんなにひろい場所に満開の菖蒲たちを前にすればワクワクしちゃうよね。


池の南側には300m²もの広さの立派な藤棚があり、藤の香りの好きなママはとっても楽しみにしているんだって。ここの公園は梅、桜、新緑、藤、菖蒲、紫陽花、蓮、紅葉、雪景色に椿・・と、いつ来ても違う顔を見せてくれる。次はいつ連れて来てくれるのかな?
さあてママ、帰りにお隣のリス園も覗いて行く?   (C)