編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE

駅前に笑顔が


こんにちは。
 
先週の日曜日、とても寒い日だったのですが、
新百合ヶ丘駅の南口には、笑顔と歓声があふれていました。
 
ご存じの方もたくさんいらっしゃると思います。
パフォーマーのひぃろさん。
 
本当に寒い一日で、駅を利用される人は足早に通り過ぎていきます。
初めはなかなか足を止めてもらえませんでしたが、
そこはさすがです。話術と技術で次第に人が集まってきました。
 
最後のメインパフォーマンスは、いすの上で逆立ちをするという技。
初めはいす一つ。
ひぃろさん まずはいす1つ
見事成功!
たった1つ?といっても、いすはテーブルの上に乗っていますよ。
 
次はいす2つ。
そしていす2つ
成功!
さっきより見ている人が増え、歓声と拍手が大きくなりました。
 
そしてなんと次はいす3つ!
その時、お手伝いをしてもらう人が観客の中から1人選ばれました。
するとさらにステージの一体感が増します。
 
こどもたちはドキドキハラハラの表情。
見たくないような、でもやっぱり興味津々。
真剣な眼差しで見つめます。
辺りを見回すと、いつの間にか周りにはたくさんの観客が。
私も見入っていたので、こんなに人が増えているとは気づきませんでした。
 
そしていよいよいす3つに挑戦!しかも目隠しをして!
こどもたちからは「えー!」という声が。
目隠しをしていす3つに挑戦?

ところが・・・

目隠しが・・・

じゃーん!

じゃーん 目隠しから透けて見えてます

大人もこどもも大笑い。
目隠しが透けて見ちゃっています。
 
そこでいよいよ3つに挑戦!
ついにいす3つ!
見事成功!!!

ステージを見ている人の気持ちが一つになって、
成功したときは歓声と拍手が最高潮に達しました。
 
最後に、お手伝いしてくれたお客さんが退場。
何を出すかと思ったら・・・
お客さん退場

レッドカーペット

レッドカーペットでした~。
 
さいごは「END」。

最後は「END」

 

この日最高の笑顔と拍手。
いつの間にか寒さを忘れて引き込まれていました。
何よりも、こどもたちの真剣な眼差しが印象的でした。
ぜひ皆さんも、ひぃろさんのパフォーマンスをご覧になって下さい。
 
 
MK