編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE

GOGOカノン♪赤ちゃんウサギとお目もじ~編


「欲しいな、欲しいな~見るだけだからペットショップに行ってみようよ」
・・・カノンのうちのお姉ちゃんの言葉にウマウマはまったママが「見るだけ」のはずが、こんな子を連れて帰ってきました。

生後1か月の赤ちゃんウサギ「ゆき」ちゃんです。ネザーランドドワーフという、ピーターラビットのモデルになった種類のウサギなんだって。どうりで小さいけれどヤンチャでカノンを怖いとも何とも思ってないみたい。まだ小さいからひとりが寂しいのかもね・・
寝ているカノンの上を平気で跳んで行ったり、カノンの顔にちっちゃな鼻を押し付けてフンフン♪って匂い嗅いだり。「おっとビックリ!!」ってなるのはいつもカノンの方(^_^;)

獣医さんは「犬は仲良しのふりしてても突如本能が目覚めて、ウサギを獲者だと認識するから気をつけなきゃだめよ」って言ってたけど、ゆきちゃんはカノンをママか兄弟とでも思ってるみたいに寄ってくるの。可愛くて思わずペロンって舐めるとママたちがドキドキ顔をしてカノンを放そうとするのよ。ゆきちゃんもカノンのことを舐めてきたりするし、仲良しなのに失礼ね(-“-)

動くのもとっても早くてビックリ。今あそこにいたと思ったらすぐ目の前に来てたり、居るなと思ってたら一瞬で隣の部屋まで行ってたり・・(゜o゜)
ひとつ気付いたかしら?カノンと違ってゆきちゃんには、肉球が無く、足の裏にも毛が生えている。だからフローリングとかでは、調子に乗ってあっちにこっちに跳びはねていると、時々ツゥ~って滑ってしまうの。それだけスピードが速いってことね。ちいさいけれど、きっと本気だしたらカノンといい勝負かも(^o^)

まだ20グラム位しか体重が無いのだけど、モシャモシャと牧草を食べてる姿はこれぞ草食動物!ゆきちゃんは、時々ケージの端っこを手で引っ掻いているけど、これって穴を掘ろうとしているんじゃないかな?ワンコはしないことを色々するから、なんだか不思議でついついカノンもジッと見つめちゃう・・。ゆったりしているからと、カノンの使ってないケージに入れてもらってたら、家に来て数日目の夜、突然テーブルに座って用事をしてたママの間の端になにか黒っぽいものが通り抜けて行って、ママはビックリ(@_@;) すぐにゆきちゃんのケージをみたけど鍵は掛かってる。「ゆきちゃんはきっとケージの中の箱に入って寝てるのね。じゃあ、さっきのは大きなゴキブリ?それとも野生のネズミ?」ママが恐る恐る何かが走り抜けて行ったキッチンの方を覗いてみると、ゆきちゃんが素知らぬ顔でキッチンの床をウロウロしてる・・。3センチ×7センチほどの網目をすり抜けて脱走をしたゆきちゃんは、その後はすっかり脱走方法をマスターし、ケージに入れられても一瞬で外の世界へ。

おかげで今度はワンコ用のサークルを回りに取り付けられ、3センチ×3センチではさすがに出られません・・。いつも鼻先を出していたゆきちゃんもちょっとションボリしてるけど、コードを噛んじゃうとか何か外で悪さをしたら命取りだから仕方ないね。でも、本来怖がりのウサギにしては本当になつっこくて、人の手や顔も小さな舌でぺろぺろ舐めるし、手からご飯を貰って食べるし、カノンも仲良し仲間が出来て嬉しいな(*^_^*)

 もっともっと遊びたいよ~これからもよろしくね♪ (C)