編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE

秋の気配


 

つい最近「残暑厳しい~」と思っていたのがウソのよう、ここ数日は涼しいというより、うすら寒いくらいですね。気づけば、街のあちこちに「秋」らしいものが見え始めました。
 
細山交番の近くで見つけた曼珠沙華。燃えるような赤色が印象的な花ですが、白い花もあるんですね、初めて見ました。
調べたところ、曼珠沙華は全草有毒とのこと。その毒性を利用し動物や昆虫を忌避する目的で、昔の人は畑や墓地のまわりに植えたようです。多年生のため、人が植えた翌年からは秋になると自然と花が咲くというわけですが、「墓地に咲く花だから不吉な花」と母が言っていたのを思い出し、ちょっと気の毒になりました。も っともこの花を忌み嫌うような別称は地方地方でけっこうあるようです。
また母は、「田舎ではカブレンショと呼んで、触ったらいけないの」とも言っていましたが、「かぶれる」というよりは毒性のある植物から遠ざける意味でつけられたのでしょう。
 
曼珠沙華のすぐ近くには、ムラサキシキブの実やオシロイバナも。
オシロイバナは秋の花というわけではありませんが、こちらも「白い」のは意外と見かけないなぁと思い撮影。
 
ふと気づけば街路樹も少し紅くなってきました。
さあこれからは、食欲の秋もスタート!!(B)