編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE

GOGOカノン♪ こんなお友達に遭遇~編


今日もとっても寒い!
暖かいお家の中、恒例のみかん鼻パクで幸せを結構感じていましたが ^0^)・・。
DSCN9304
 
夕方の散歩で、カノンの大好きな寺家にまたまた連れて行ってもらいました。
DSCN9771
田圃も木々もすっかり冬の様相。でも、楓はまだまだ真っ赤できれいです。
カサコソと音のする落ち葉の上を歩くのはとっても気持ちが良くて、寒さを忘れるママとカノンですヾ(●´▽`●)ノ彡
 
寺家の管理はどなたがされているのでしょう。いつも本当に綺麗に整備され、気持ち良く散策が出来るよう夏は下草が刈られ、冬はこうして落ち葉を掃除に来ている人達がいて感動しますo(*’o'*)o ボランティアの人も結構いるようです。
DSCN9960
P1190498
 
沢山の遊歩道もありますが、けもの道みたいになっている所も多く、ママは麻生区に越してきてから100回か200回か、本当にいっぱいここに来ていますが、いまだに新しい発見があり毎回自然の凄さを感じているようです。
 
DSCN9794
カノンはここで方々から来ている沢山のお散歩ワンコと出会い、御挨拶をしたり、仲良しになったり、珍しい鳥や感動するような稀少な虫たちに出会ったり、亀、カエル、魚、蛇、野良猫、野良犬など、様々な動物たちと触れ合う機会がありました∩(^∇^)∩
 
冬の日の入りはあっという間で、今日もコトンと日が落ちた感じで、さて帰ろうかと思ったら田圃の方からガサゴソ音がして、目の前の道に何かが出てきました。猫かな?と思ってママがカメラを覗いて写真を撮ってみるとなんと!ムクムクコロコロしたタヌキがそこにおすわりしていました。

DSCN0158
 
(*゜0゜) (‘O’*)ビ・ビ・ビックリ!!
 
DSCN0160
ちょっとアピールしてみたら、逃げるどころかこちらに顔を向け、可愛い表情を見せてくれました。
なんでこんなに警戒心が無いのでしょう。きっと怖い思いをすることも無く、幸せに暮らしているのでしょうね。こんな所だから、人の住んでいる所に行ってゴミあさりをしたり 床下に入り込んで人の足音を聞いて暮らしたりでなく、自然の中で蛙や虫などを獲ったり、木の実を食べたりしているのでしょう。何十年も前の日本人の生活空間にはこういう動物たちが、付かず離れずで暮らしていたのでしょうね(o’∀’)人(‘∀’o)・・。
 
なんだかこのタヌキのおっとりした表情に、とても癒され、まだ日本っていい所だなあ(*^U^*)・って思ったママでした。
 
P1190320
この寺家は、1月の松が明けると田圃でのどんど焼きもする所です。この写真は2013年1月15日の物です。国民文化というんだとママが教えてくれました。
 

さて、「GOGOカノン」はこれでちょっとお休みになります。これからも沢山いろんな所に行って、いろんな人や友達に会い、美味しいものも食べて冒険カノンを続けて行きたいと思っています。
DSCN9764
また、お会いしましょうね♪♪(●^∀^●)♪♪
ご清覧ありがとうございました。 (C)