編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE

GOGOカノン♪ちょこっと生田緑地~編


ここのところママはちょっと忙しいらしくて、クタクタなのと寝不足気味だったのがあって、整骨院へ固まった体をほぐしてもらいに。そしてそのついでに生田緑地に足を向けてみました。
 
お昼の時間が近かったので、途中でコンビニおにぎりを買って、・・どうやら日向ぼっこしながらおにぎりをほおばるつもりらしいよ(‘∀’o) 
canon-5
久しぶりの生田緑地は辺り一面すっかり秋色。気持ちのいいポカポカお天気に、とっても沢山の人達がそれぞれの癒し時間を楽しみに来ています。民家園入口横の楓も綺麗。写真を撮っている人もいっぱいいます。落葉した赤いカエデの葉っぱがこんもり仕立てたアセビの枝の上に散りばめられているのもあまりに素敵(((>∇<)))!   人に慣れた猫がすぐ脇を抜けて菖蒲園の中に入って行くのは、獲物の蛙でも探しているのかな? canon-3
 
菖蒲園の横に、今まで気づいていなかった柵のかかった升型の何かを発見!覗いてみると、水が流れてきています。
canon-4
枡形山から生田緑地全体に、こうやって湧水が流れて動植物を育んでいたのだね。広場には、とっても沢山の人!小学生の遠足らしい子ども達も走り回っています。
canon-6
 
科学館の入り口には列が出来ていたけれど、あれはプラネタリウムを見たい人?それとも可愛いレストランの開店待ち?カノンは遠巻きで気になっていました。今の時期はどんなお星様が見られるのかな(-・・-;?
canon-7
 
canon-1canon-2
緑と黄色と赤の葉っぱのミルフィーユを楽しみながら、奥の池の方まで行き、近くのベンチに座ったママ。あっ、思った通りおにぎりタイムです。カノンはビスケットを貰いました。外で沢山の木に囲まれて食べるおにぎりやおやつは本当に格別です(゚▽゚*)♪
 
じっとしていると、やっぱりちょっと寒い季節だなと感じながら、メタセコイヤの枝の間からお日様が覗くのをじっと見てしまいました。最高に気持ちが良いカノンです。
canon-8
 
奥の池の前には「ローム斜面崩壊実験事故慰霊碑」が立っているのですが、今日は特に花がしっかりはいっている印象。あれ?とおもって碑を見てみると、事故があった日は昭和46年11月11日15時31分頃、
canon-9
canon-10
突如予想を超えた規模での崩れが起き、31名が巻き込まれ、うち15名が即死という事故。11月には特に強く哀悼の気持ちを表しているということなのかな(; °_°)
今は皆ニコニコ秋の空や木の葉の色、風の香りを楽しんでいるけれど、ここでは42年前の11月、大変なことがあったのですね。
 
ママは次の用事まであまり時間が無いからサッとUターンしてまた広場の方へ。D51が置いてある周りも綺麗な紅葉が見られました。
canon-11
 
ママは拾った落ち葉で狐になってみてました。帰りには、綺麗な垣根を見つけ、葉っぱだけでないいろんな秋を見られた感じでした。
canon-12
canon-13
 
そんなこんなで今年の晩秋を急いで愛でて、また御用の先に向かったママでした(@^^@)/ (C)