編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE

GOGOカノン♪ 一難去ってまた一難~編


ここのところ暑くって、皮膚の弱いカノンはアトピー全開!という情けない状態。昨日までなんにも無かった所が夜中寝ていて「あっ、痒いかも」って思ったら、 床にこすりつけたり、手(前足とも言う)の内側で擦ってみたり、後ろ足で届く限りのところまでガリガリ引っ掻いたり・・。挙句一晩でカノンの鼻のてっぺんは禿げてしまいました。マズイ!ママに見つかったら・・と、思ってなるべく見えないようにしようと思っていたのですが、目立ちすぎる場所で、隠すにも隠しきれず。・・と、言うわけで今日も朝から獣医さんに連れていかれてしまいました。
0820canon-1
 
車の中で、途中からなんとなく嫌~な予感(-“-)  あ、このカーブ曲がる?これを右?え?ここで車を止める?ママ出てカノンに「車から出なさい」・・って?イヤー(@`⌒´)ノ
 
とってもイヤ!物凄くイヤ!断固としてイヤ!(×`□´×)
 
でも、ママはカノンの気持ちなんて知りませんよ、っとばかりにリードをズルッと引っ張って、カノンを車から外へ。ヒ~ヾ(;;゜□゜;;)ノ 
 
引きずり込まれるように獣医さんの扉の中に入り、診察券を渡して間もなく「どうぞ」って・・。どうぞじゃないよ、「今日は気分が乗らないから診てあげません」とか、たまには言ってよ(T_T)
 
診られるの怖いのに診察台が目に入ると誰に言われるでもなく何故だか自分からピョンって上にとび乗っちゃうカノン。でも、乗った直後毎回後悔(゜ロ゜)
体中をじっくりチェックされ、獣医さんはママに状態の説明や日常での注意を話して、それでおしまい。診察室から出て、後はお薬貰ったり会計したりだけだね。カノンの後ろ足の間に隠してた尻尾も段々上がってきます。「では、今日はこれで」獣医さんのドアから出てカノンは車にそそくさと乗り込みます。終わった~(´0`*) 
 
このまま連れて帰るとカノンが獣医さん嫌い、車嫌いになるといけないと思い、ママはいつもこの後連れてってくれるところがあります。ウフフ・・。
 
 
家とは反対方向に車を走らせ、ついた所は寺家ふるさと村。
0820canon-4
 
9時をすぎているから、この時期はもう結構暑いです。でも、カノンは一年じゅう、どんな時でもここが大好き(^∇^)。
0820canon-3
0820canon-100820canon-9
樹がいっぱいあって、鳥や虫や蛙の声がして、気持ちのいい風の匂いがするのです。緑と土と水の匂い。クンクンクンクン・・。
 
0820canon-80820canon-7
お気に入りの東屋にとんでいって、匂いを嗅いで、その後はベンチの下に潜り込み土の冷たさを楽しみます。良いねえ~。

 
0820canon-6
熊の橋の向こうは坂がいっぱいの楽しい森なんだけど、スズメバチの季節なので黒っぽい毛色のカノンは狙われやすいから、って今日は行かないで我慢。
 
0820canon-5
階段の上からお友達ワンコの気配にウキウキ♪でも、橋を渡って行っちゃった。ハチに気をつけてね。
寺家の田圃の稲は今とっても綺麗な緑。ふかふかの絨毯みたいで、虫や蛙みたいに飛び込んでみたい衝動にかられます(≧∇≦*)。
 
気持ちのいい散歩から帰って、幸せを満喫していたら、「土の所でゴロゴロしたよね」ってママ。えっ?! まさか( ゜o゜!)
 
「そのまさかなのよ」ってお風呂でシャンプーの準備をするママを、つい恨みがましくチラリ(-・・-;)
0820canon-2
引っ張られてお風呂に連れて行かれ・・。ああ、もう逃げも隠れも出来ない。
幸せルンルン気分だったのに、これからシャンプーですか?頭っからお湯をかけられるアレでしょう。え~ん、今日は朝から獣医さんに続いてシャンプーか・・。
一難去ってまた一難。カノンの一日はママに支配されているのでした ワォ~ン (C)