編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE

GOGOカノン♪ 気になる桑酒~編


毎年ママが作っている梅酒、今年はクコの実をいれてみたというママ。生薬としての効果もあれこれあるのだろうけれど、ママはこの味が好きなんだとか。梅酒に入れたら、中の梅の実が甘いお酒を吸ってパンパンになった頃、クコはどんなに美味しくなっているだろう・・・って想像してたっぷり入れていたよ。食いしん坊ママらしいね.(`▽´)ノ 
 
0701-3
さて、今回梅酒のお隣に並んでいるのは桑の実をつけた桑酒なの・・・。
 

お天気のいいある日、田んぼでは田植えが始まっていて、森の中ではコブシがまだ緑でピカピカな実を付けて「初夏っていうんだよ」ってママ。
0701-70701-6
 
0701-5
カノンもウキウキご機嫌で散歩していたら「おや、これは何の実?」(゜-゜*;)
 
0701-9
童謡『赤とんぼ』の歌詞に出てくる桑の実(~山の畑の桑の実を小籠に摘んだはまぼろしか♪)を実らせた枝が、丁度ママ目線に枝垂れていたの。ひとつ採って頬張ってみたら「甘い!」とママ。カノンにもちょうだい。・・細かい毛が生えていて、ちょっとザラザラした感じがある。でも、美味しい☆^0^) 最初に赤く色づいて、それはとてもすっぱいのだけど、黒紫になってきたら爽やかな甘さが出てくるの。近くで遊んでいた子どもたちにも教えてあげたら「え~?どれどれ?ホントに食べられるの?」と、つまんでみて、「ホントだ。甘い」と、ドンドン友達を呼んできて桑の実の輪が広がっていたよ。
0701-8
外で遊ぶ子供でも、木の実を採って口に入れてみるとかは経験していないんだろうね・・。ママは子どもの頃おばあちゃんちで 大きなイチジクの木に登ってはその実を食べていたらしいけどね(o^皿^)
 
桑の実は採る手も頬張る口もその果汁で黒くなっちゃう。でも、それも悪くない。お店で売ってるものと何か違う野生的な魅力。沢山は採れないけれど、帰ってからママはしばらく見つめていられて長く楽しめる為に・・・と、桑酒を作ったよ。
普通 果実酒は実が1キロとかの単位だけど、洗ってヘタ取りをして測ったら50グラム。小さな瓶でも底の方にちょっぴり(*’o'*)
0701-2
この量ではちょっと寂しいね、と出かけた先で桑の実を見つけると少しずつ集めてやっと120グラム程に・・。
0701-1
何十年か前は絹をとる蚕の餌として、いろんな所に植えられていたのだろう・・。気にしてみると、結構あちこちに桑の木がある。氷砂糖とホワイトリカーでつけて日にちがたつと、段々お酒の色が桑の実色に・・。1年位寝かさないと美味しく飲めないらしいけど、2日に一度くらいは眺めてニタニタママ。梅酒に漬けた梅の実が実は好きなカノン。桑酒の副産物(?)は
0701-4
少しでもカノンのお口に入れてもらえるかなあ・・・:*:・(*´ー`*人) (C)