編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE

今日も元気!カルガモの親子に遇ったよ


そろそろ菖蒲も終わりだと、台風前に慌てて菖蒲田がすばらしい町田の「薬師池公園」に。
0627-9
雨の中、傘をさしていても、菖蒲にはそんな情景も似合う・・。
0627-10
公園の薬師池南側の谷戸部に広がる菖蒲田。紫、白、ピンク、黄色・・菖蒲の柔らかな色は気持ちを穏やかにさせてくれる。現在日本の菖蒲には1000以上の品種があるらしいが、薬師池公園の菖蒲にも2200株、175種の菖蒲が植栽され、それぞれにお洒落で可憐な名前が付けられている。東から西の山の方に向かって上がって行きながら 初夏の菖蒲を愛でていると・・。
たまたま出くわしたカルガモ親子。
0627-4
 
母ガモの後について田から田へ、移動しながら幼鳥の菖蒲田の中の藻を食べているようで、6羽の幼鳥のフワフワの羽根と小さな足で一生懸命親の後について行く様子があまりに可愛らしくて、そして母ガモが度々緊張して首を伸ばし、周りを見張っているのがいかにも健気で、長い時間後を追いながら見入ってしまった。
0627-80627-70627-60627-50627-30627-20627-1
 
カルガモは孵化してから2ヶ月で飛べるようになると言う。
しっかり母ガモのあとに遅れを取らないようについて回り、食欲も相当旺盛なこの子たちが『飛翔』するのは間もなくかなあ・・・。 (ささ)