麻生区・新百合ヶ丘エリアの地域情報紙 マイタウン > 編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE > GOGOカノン♪ 土の中からこんにちは、カブトムシJr.~編

編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE

GOGOカノン♪ 土の中からこんにちは、カブトムシJr.~編


ママが昨年、軽い気持ちで人からもらった(・・というか、「貰ったけれど怖くて飼えないから代わりに飼ってくれ」と知人に頼まれ)カブトムシ2ペアが産んだ卵から、ゾクゾク幼虫が生まれ、生き物好きなママが ついつい大切に世話をしていたら、幼虫たちが全部元気に育ち、1週間ほど前から成虫になって毎夜何匹かずつ土から出てくるようになりました(^∇^)
canon-6
canon-8 
 

まだ時期が早いと油断していたら、最初は夜中にリビングを飛来するすごく大きな羽音で何が出たのかとビックリ(*_*)
その後も次々と羽化する力持ちのカブトムシ達は朝になるとあらぬところで発見される日々が続き、今は羽化してくる時間帯(夜中)は 蓋の上にさらに使わなくなったまな板を重しとして置かれています・・。
canon-7
 
現在オス8匹、メス6匹。幼虫は全部で23匹いたので、まだまだこれから・・。
ママは 自分みたいに食いしん坊でがっつり餌のゼリーに食いついているメスたちや、オスが角を誇示して動かす時にギシギシ音をたてるのなんかが面白くて、早く寝なきゃと思いながら夜中にいつまでも見ていたりしています。
カノンも、あのすごい羽音には毎回ビクッ( ゜o゜!)!!
canon-2canon-1
ひっくり返ってモゴモゴしてると、ついお口で確認してみたくなりスウッと側に行くのだけど、ママにNO!と言われてしまいます。別に食べようっていうわけじゃないんだけどな。だけど、カノンからじゃなくて、カブトムシからカノンの方に寄ってきたら、ちょっと怖そうだし きっと叫んじゃうかもだね・・(≧ヘ≦ )
canon-5
 
昨夜も重しまで押して出てきた羽化して間もない男の子が 寝室まで飛んできて、
カノンも目をさまして「なになに・・」  
canon-4
最近ちょっとキャンプ場みたいなカノンのおうちですo(*’o'*)o 
 
でもカブトムシって、大人でも子供でもワンコでも、不思議とワクワクする生き物。
「愛情込めて育てたカブトムシJr.なので、もしかしたらその辺を飛んでいる子より器量良しかもしれないなあ」・・とママ(*^^)v
 
今年は暖かいからか、7月半ば過ぎに出てくるであろうカブトムシ達が5月末から大人になってきて土から誕生!ママもすごくうれしそうだけど、自然界ではまだ樹液が十分出ていない頃なので、放してやることもこの時期は不安・・。
欲しい人を募集したら何人かが手を挙げてくれたけれど、その中には自分の家には電池で動く犬しか居ないから、世話をする対象が欲しいといってきた70歳のおじさんも・・。
慣れてきたら、肩に止まって「おかえりなさい」って言ってくれるかも・・・???
canon-3
 
でも、それぞれの家庭でまた大事に育てられ、また同じ倍率で増えて行ったら 
来年は138匹になる予定・・。
もうニホンカブトムシのブリーダになるしかないか・・・ね、ママ(@^^@)/  (C)