編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE

ワクワクドキドキ イカ釣りに行ったぞ!!


本日3時起き!おにぎり作ってイソイソ準備して、大黒海釣り施設に行って来ました。
 
0527-9
横浜港入口にある赤灯台堤防の上に設置された桟橋タイプの釣り場です。6時の開場を待って出来ている列の後ろに付き、管理棟のゲートが開くと同行してもらった釣り先輩たちの後を追って釣りデッキへ。潮の流れや経験から「ここがベスト」と、陣取った場所で、本日はアオリイカ、もしくはシリヤケイカという甲イカ狙いです。
0527-10527-7
 
エギというイカ用のルアー(疑似餌)を飛ばしイカを誘うエギングという方法で挑戦。海に投げ入れた後、シャクリを入れてイカの注意をひく方法と、リールを巻きながらロッドを小刻みに動かしていく方法・・、どちらもイカの気持ちにならないと、なかなか釣ることは出来ません。おっと、隣の釣り人がイカを釣りあげた!居るのは間違いなし。断然やる気がわいてきます。
0527-8
そのうち同行者が「来た来た!」と、たわんだロッドを操りながらリールを巻いています。イカはエギを飲み込んでいるわけではなく、抱きついているだけなので、近くまで引き寄せたら海の中に柄を長くした網を入れ、イカにお入り願ってあげてきます。日が高くなり、段々暑くなってくると、お昼寝をしながら時機を待つ慣れた人も・・。
0527-30527-6
 
0527-5
 
その間、とてもイカは釣れそうにないので、私はトリックサビキという10本位の針がついたしかけにアミエビをつけ、イワシ狙いに集中。魚が食いつきたくなる餌のつけ方を教わり、ボチボチ釣れてきました。一度にたくさんかかるとあげた時がまるで鯉のぼりのよう・・、などと言っているうちに 釣り先輩がまたまたイカゲット。いいなあ~。イカがエギに抱きついた瞬間の感覚を味わいたくて、またまた狙い転向。エギも赤から黄色にしたりしますが、一向に素人の所にイカは来ません。・・なんて言っている間にボンボン釣れて、HPに載せるから、と管理棟のお兄さんが写真を撮りに来ました。私は身の程を学び、イワシ専門に・・・と、思っていたらサビキにものすごい引き!キャー助けて~・・。グングン引っ張って行く魚はボラでした。でも、イワシ用の仕掛けだったので、がんばったのだけど、最後は逃げられました。残念。
途中みんなでおにぎりを頬張り、釣れたイカをその場でさばき、持参した醤油と一味唐辛子で、プリプリ肉厚のイカそうめんを頂きました。ものすごい真っ黒な墨を吐くイカなので、手は真っ黒になってしまいましたが、素晴らしい美味しさで漁師の幸せをちょっと感じました・・。
0527-10
ベイブリッジの夕陽を見ながら本日の釣果をみて満足。シリヤケイカ5杯、シコイワシ入れ食いで2~300匹、さよならしましたが、ヒトデ、クラゲ、ホヤ、サッパ(ママカリ)などもかかっちゃったり・・。
0527-2
0527-4
帰りに管理棟のお兄さんと「ボラがサビキにかかった」、と言っていたら、「あれは40センチ位あったよね」「いや、もっとあったでしょ・・」などみんなでワイワイになり、「逃げた魚は成長するものなんです」との、名言。さもありなん(^^)v  (ささ)