編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE

GOGOカノン♪ 座間を歩いた~編


良いお天気続きで、今日は小田急沿線の小旅行、座間に行ってみました。

イメージとしては、米軍キャンプ、ベッドタウン・・でもきっと知らない面が見つかるよ、と降り立って出発。東口を出て、広い通りを北上。トコトコ行くと、『県立座間谷戸山公園』・・・とっても広い森の中の公園です。
0520canon-180520canon-8
0520canon-11
0520canon-17
 
昔の農家風のいろりやかまどのある「里山体験館」の前に広がる田圃や湿性生態園。「水鳥の池」の横には野鳥観察小屋や観察ウォールがあり、「自然との付き合い方」という看板も立っています。
0520canon-200520canon-190520canon-160520canon-15
 
蛙保護のための人が入れないようにした湿った緑地帯もあり、里山の中での自然な生き物のあり方を大切にしている公園なんだと感じます。「わきみずの谷」では湧水からの流れの周りに生息する動植物が観察できるようになっていて、珍しいニリンソウ(ひとつの葉っぱからふたつずつ白い小花が咲く愛らしい山野草です)が一面に咲いていて、ママは感激\(^o^)/ 感激ついでに、ここで持ってきたおにぎりも食べました・・まだ12時前なのに・・。
0520canon-130520canon-14

 
 
バリアフリーマップやサインポスト、木や草花にも名前がつけられていたりと、沢山の案内板があって、大変親切で行き届いた印象の公園です。案内板にナナフシのあかちゃんも見っけ(^^)v 
0520canon-12
 
昔観音堂があり、武田信玄が小田原攻めののろし代わりに燃やしてしまったと言う「伝説の丘」には大きな字で「タケノコをとらないで」という何より大きな看板が(゜o゜) 
さぞ、迷惑しているのでしょう。丘からは駒ケ岳、大山、丹沢などが遮るものなく見えました。
0520canon-100520canon-9
 
谷戸山公園を出て、踏切を渡り、護王姫大明神の天然記念物大ケヤキや、星の谷観音の 神奈川で一番古いとされる重要文化財の梵鐘、龍源院のホタル公園などを見て回りました。「鈴鹿の小道」という道沿いにはトンボ池ともいわれている「番神水公園」や「鈴鹿の泉」。
0520canon-70520canon-60520canon-3
 
いずれも住宅街の中で共存している感じの、綺麗な水の流れに癒されます。昔話じゃないけど、湧水の近くの家の人が 流れで洗濯をしたり、野菜を洗ったり、鍋に水を汲んだりしているのを見ました。どこを歩いても湧水場があり 素晴らしいなと思っていると、町内会の掲示板にも「湧水と歴史の里」とありました。
0520canon-50520canon-4
 
市内には水源井が8つあるんだそうです。だから、県下では数少ない上水道に地下水を用いる自治体で、井戸水の特徴である夏は冷たく冬は暖かい「座間の地下水」として知られているようです。
 
お腹がすいたママたちでしたが、レストラン系のお店がほとんどなく、座間駅に戻ってからもかなり歩いた揚句、お蕎麦屋さんでかつ丼とおそばがセットになった、かなりの食いしん坊がオーダーするようなメニューを注文して、ワイワイ言いながら完食。
0520canon-2
 
0520canon-1
新百合ケ丘から30分ほどの小旅行、次はどこに行きますか・・・(^o^)  (C)