編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE

涼を求めて稲田公園へ


 

お盆休みをとって、家族が揃って夏休みなのに何も予定がない1日。
家にいても暑いし、せっかくだから水遊びできて、なおかつ大人も涼しいところはどこかないかな・・・と思いついたのが「稲田公園」でした。
麻生区内にある自宅から車で20分弱というのもうれしいです。到着したのはお昼過ぎだったせいか、駐車場もそれほど混んでなくて、すぐに車を止めることができました。
公園内にあるせせらぎ小川は、よちよち歩きの幼児から小学生まで、たくさんの子ども達がじゃぶじゃぶと楽しそうに入っていました。児童プールがすぐ隣にあるので、水着で入っている子達も。3歳の娘は父の手をギュッとにつかんで、はじめは慎重に小川に入りましたが、徐々に慣れて最後の方は一人で全身びしょ濡れで遊んでいました。
 
娘が興味津々で見ていたのは、小川の隅のほうで何かを一生懸命網でとっている小学生の男の子。
「何が取れるの?」と聞いたら「エビだよ!ホラ!」と得意げに水槽を見せてくれました。確かに、体長2cm弱の茶色の小さなエビ。ザリガニがいるとは聞いていたけど、エビもいたとは驚きでした。
小川付近は木陰になっているので、大人はシートをひいてゆっくりできるし、小川の他にも児童プールや遊具も充実しているので、子どもも満足できる公園でした!
「楽しかったよ」と、私の両親に話したら、「あなたも小さい頃は良く遊びに行った公園ね」とにっこり話す母。
え〜〜っ!!全く覚えていなかったんですけど!!!ホントに私、遊んでた?
子どもの頃の記憶って、こんなもの?
娘よ、パパとママが一緒に遊んだのを覚えていてね。オネガイ。(SS)