編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE

シックな雰囲気でゆっくりランチ


昨年柿生駅近くにできた「bistro Goliath」(ビストロ ゴリアテ)は、近所のママたちの間で「どんな感じなんだろうね~」と噂になっていたスペイン料理のお店。先週、ランチに行ってきました。それほど広くはないですが、こげ茶を基調にまとめられた店内は落ち着いた雰囲気。コート類をかけるスペースもあり、そのハンバーが丸みを帯びていてすべりにくいのにも細かい心遣いを感じます。席は多すぎず少なすぎずの16席で子供椅子も4つ備えてあり「子連れもwelcomeなのね~」と嬉しくなりました。

 

130127_c01
お店は柿生駅南口のロータリー沿い

 

その日はランチセットをオーダー。セットは1300円で3種類から選べ、ドリンクバー・サラダバー・スープバーが付いています。ファミリーレストランでよく見るサラダ・スープバーを想像して『どこにあるの?』と探してしまいましたが、コンパクトに置かれていて、でも中身は充実していました。また、プラス500円で8種類の前菜からお好みで3種類を選べたり、プラス200円でデザートを付けられたりと自分好みにアレンジできそうです。そうそう、キッズセット(500円)やランチコース(1500円要予約)もありますよ。

 

130127_c02
木の子とベーコンのパエリア

 

友人と私は「取り分けて食べよう!」と2種類のパエリアを頼みました。“木の子とベーコンのパエリア”はベーコンがカリカリで塩味ベースであっさり。“鶏肉とトマトのパエリア”はトマトの酸味が食欲をそそります。小さめにカットされた鶏肉が食べやすく、きっと子どもも喜ぶだろうなあ…なんて思いました。

 

130127_c03
鶏肉とトマトのパエリア

 

ドリンク・サラダ・スープがおかわり自由なのと、「どうぞごゆっくり」という雰囲気が店主の方から伝わってきて、おいしいパエリアが食べ終わってもゆっくり話すことができ、大満足のランチタイムとなりました。

 

130127_c04
お洒落なサラダバー。葉物以外は味がついていて、前菜のよう

 

大きな黒板に書かれたメニューにはトライしてみたいものがたくさん。今度は夜にも訪れてみたい…そんな気持ちになりました。(G)