編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE

子連れで紅葉めぐり


紅葉シーズン真っ只中。紅葉狩りに行こう!と思っていたのですが、問題が一つあってなかなか出かけられずにいました。我が家のちびっ子が、彼女の言う「大人の用事」に付いてきてくれないからです。昔はどこへでも付いてきたのに、最近では自分の損得(例えば、欲しいおもちゃやお菓子を買ってもらえそうかや興味のある遊びができるかなど)をすばやく勘定して、「そこは行きたくな~い」となってしまいます。
 
でも今年は特に紅葉が色鮮やかだと聞けば、出かけたくなるもの。娘を連れ出す良い方法はないかと考えていたら、都立庭園では「紅葉めぐりスタンプラリー」をやっているのを知りました!期間は12月9日まで、東京都内にある9つの庭園のスタンプを5つ以上集めるというものです。

「スタンプラリーする?」「そんなのあるの?」思っていた通りセンサーが反応した娘を連れて、出かけることに成功しました!
 
まず向かったのが、JR国分寺駅から徒歩2分ほどの場所にある「殿ヶ谷戸庭園」。
車でも新百合ヶ丘周辺から1時間ほどで着きます。園内の紅葉が真っ赤に色づいていてちょうど見ごろでした。特に茶室「紅葉亭」から見下ろす池に映った紅葉にうっとりしました。

翌日もこの調子で、「旧芝離宮恩賜庭園」へ。JR浜松町駅から徒歩1分。
高いビルに囲まれているのですが、庭園の中には静かな時間が流れています。見ごろにはちょっと早かったのですが、3本あるハゼが有名だそうです。
池にたくさんの鯉が泳いでいたり、庭園の前に公園があったりして、娘も思ったより楽しかったみたいです。「きれいだね~」なんて言ってみたりして、「大人の用事」の良さも少しは分かったのでしょうか?

 
昨年は「六義園」や「旧岩崎邸庭園」に出かけたので、あとは「向島百花園」や「清澄庭園」に出かけてみたいなあと考えています。
でもわざわざ遠くに行かなくても、平尾外周道路の並木が色鮮やかだったり、家の近くの小学校の校庭にあるイチョウの木が美しかったり、この時期思わず足を止めて見入ってしまうことがよくあります。
地域で楽しめるスタンプラリーも12月1日号のマイタウン紙上で案内中です。
早速、娘と出かけなくては!!(S)