編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE

黒川農場の収穫祭へ行ってきました!


明治大学の黒川農場は今年4月、麻生区黒川地区に開場したばかりです。今回初めての収穫祭が開かれ、家族と出かけてきました!

小田急線黒川駅から徒歩で20分ほど、農産物直売所のセレサモスからは徒歩10分くらいで着きました。農場は正門から緩やかな坂を上った小高い場所にあり、四方を豊かな自然に囲まれています。教室や実験室のある本館は木の温もりにあふれ、ピラミッドのような温室もまるで美術館のようでした。ここは地区の自然を最大限に活かすことを考えてつくられていて、先端技術を駆使した効率の高い栽培システムが実現されているそうです。私の想像する農業の現場とはかけ離れたおしゃれさがあって、とても驚きました。

収穫祭では研究エリアや自然生態園のガイドツアーなど施設の紹介や、里山の木や枝を燃料にした自然循環型のエネルギーについて考えるコーナー、市の特産品の梨で作ったジャムの試食などがありました。中でも行列ができていたのは、農場で収穫したばかりの野菜の直売コーナー。地域の人や子どもたちもたくさん訪れていました。

広々とした農場のロケーションの良さに感動しただけでなく、最先端の研究の一端を垣間見ることができて、もう一度学生に戻りたくなったほどです。近くにあっても大学の施設を訪れる機会は少ないので、貴重な体験になりました。(S)