編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE

GOGOカノン♪ カブトムシJr.~編


今日はカブトムシのお話です(^^)v 
虫好きママが昨年捕まえたカブトムシは、とっても長寿で12月まで生きていました。ギネスものかと思うくらい、ネットで見てもそんな長生きカブトは居なかったらしいです (^_-)
でも、ひとりで寂しいだろうと、気の毒にも思っていたみたいで、あちこち探してたけれど、日本カブトムシのメスは見つからなかったんですって・・・(T_T)
・・で、今年、「カブトムシを貰ったけど怖くて飼えない」と、いう人が居て またうちに来たカブトムシ、・・・今度は2ペア(^o^)/


カノンもビックリしてとび起きる位、夜行性のカブトムシは、来る日も来る日も夜中賑やかに容器の中で飛び回り、キーキー騒ぎまくっていました。散々騒いだ挙句、9月最後の月曜日に最後のメスが亡くなりました。ペアにすると寿命が短い・・・(*_*;
でも、ママ曰く「こんな可愛いのが土の中にいっぱい」

ウニョウニョウニョ・・。豆粒くらいのものが、時々木片を退けると隠れていたりしました (*^_^*)。
あれから1カ月・・。カブトムシJr.は容器の横や木片をどかした下に居るのが見えるだけでも、少なくとも10匹は生まれているみたい♪
・・光に驚いて慌てて土の中にもぐって行きます。土の真ん中に居て見えてないのもいるでしょう。
サイズもこの何日かで着実に大きくなっている感じ(・_・)
と、すると密度が相当高いのでは・・・と、今日はカブトムシJr.のお引っ越しをしました。
「はじめて人の手を土の中に侵入させてもらいますよ」、とママ。人の体温で火傷をするという話を聞いていたので、軍手をはめて、そっとそっとです・・。
すると・・いました、いました・・・足の親指位に大きいのが23匹   ぉお (゜ロ゜屮)屮 
 
土からそっと出して新聞の上に置いてやると、チリチリ音をさせて隠れられる場所を求め移動しようとします。芋虫系が苦手な人が見たら確実に卒倒するでしょう。
目の前でオシロイバナの種が小さくなったみたいな黒いものをお尻からムニュッ。カブトムシJr.の糞なんだって・・。カノンは初めて見ました。しっかり立派です。

60センチ水槽にママがたっぷりクヌギのマットを入れてやってたけど、この数じゃ あんまりノビノビという感じでもないかもですね (^^;) 

カブトムシJr.は、クヌギなどの発酵した腐葉土を食べて次の春まで土の中で4回脱皮します。最後は蛹です。ワクワクするね・・とママ(゜-゜)
どれどれ、カノンも新しいJr.達のおうちをチェックです、クンクン。

「来年の夏がとっても楽しみだけど、成虫になると、その後が短いので
いつまでも子供でいなさい(^^)/・・みたいな気持ちにもなるなあ」、ってママが言ってます。
カノンは23匹のカブトムシがブンブン飛んでいるのを想像するとちょっと怖いかも・・(>_<) そんな横でママは「こんな私小学生みたい?」とはしゃいでいます。
怖いもの知らずのママにカノンはちょっぴり尊敬です(+o+)  (C)