麻生区・新百合ヶ丘エリアの地域情報紙 マイタウン > 編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE > GOGO カノン♪ 黒川の秋祭りに行ってきたぞ~編

編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE

GOGO カノン♪ 黒川の秋祭りに行ってきたぞ~編


素晴らしい秋晴れ、朝の散歩で長袖だったママも、快晴になってきた空を見て半袖に着替えて出発! やっほやっほ♪ どこ行くの?


おやおや、セレサモス前の汁守神社。今日は黒川の秋祭りなんだね。
汁守神社は黒川地区の鎮守様。宮司さんや神社の役員の人達による「神輿払い(みこしはらい)」の儀式の後、お神輿、大太鼓、お囃子の練り歩きがはじまります。午前中は しっかり里山風景が残されている上(かみ)地区です。周りは稲田や野菜畑ですが市街化調整区域、農業振興地域になっていて、今後もこの景色は壊されることが無いのだと思うと、地元の方は大変な部分もあるのでしょうが、カノンとしては本当に嬉しくなってしまいます。

実りが最高になってきて重い稲穂が頭を垂れている田んぼの中を、お神輿の掛け声とお囃子の音色、重量感のある太鼓の響きが移動していきます。一緒について行くカノンも心なしかいつもの散歩より足取り軽やかです。

大抵の人は平気で一緒に歩いたり、太鼓の目の前にいって眺めているカノンに、「大丈夫?怖くないの?」って声をかけてくれるけど、どうしてだかカノンはこの雰囲気がメチャメチャ好きなんです。普段は思い切り人見しりカノンですが、お祭りの日に半纏姿で声をかけたりナデナデしてくれる人には 尻尾もブンブン振って、初対面でもお顔まで舐めちゃうことも・・(^^)v 

お囃子のトラックでは、まだ、3~4歳位の男の子が、一人前に篠笛を吹いている様子にビックリ! 1年に一度のお祭りはみんなワクワクワイワイ楽しいんだね。カノンも踊りたいし、太鼓も打ちたい気分\(^o^)/

お神輿が一旦止まると、「お振舞い」があって、お酒やジュースやお菓子が配られ、暑い日差しを避けて皆ひと休みです。カノンはペットボトルの水を飲んで、でもまだ暑そうだからって、ママが頭からかけてくれます。凄い顔になってますが、お構いなしです(^_^;)

黒川ならではの道すがら見つけたこの綺麗なお花は、ふつうのオクラかと思っていたら、ハナオクラといって、花を食べるんだって。初めて見ました。どうやって食べるんだろう・・。ちょっと気になるカノンです。

気持ちのいい田園風景の中を大好きなお神輿と歩いた後は、一旦汁守神社に戻って氏子による「大祭式事」が拝殿で行われます。そして午後は中(なか)・下(しも)・はるひ野地区への神輿・大太鼓の練り歩き が行われるけれど、カノンはママの用事でお昼までしか居られなくてちょっと残念。


神社でお参りして帰ろうとした時、目の前に赤い顔をしたお友達が・・。はじめまして。大きなお口にギョロギョロした目、でもなんだかカノンは好きなタイプです。今度会ったら遊んでね(^_-)-☆  (C)