編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE

秋の味と風情を探しに


秋のおいしい野菜、果物といえば・・・黒川にある農産物直売所「セレサモス」に出かけるのが一番!買い物に行って来ました。
想像通り、秋の味覚が盛りだくさん。キノコや栗、さつまいもなど地元の新鮮な野菜が並んでいました。それに、ハロウィン用でしょうか?大きなカボチャもありましたよ。

果物売り場の多くを占めていたのが、地元産の梨です。この時期に旬なのは「新高」という品種ですが、子どもの頭くらいの大きさのものがありましたよ~。
すでに柿も売られていました。まだそれほど多くはなかったのですが、これから地元のおいしい柿が売り場を大きく占めるようになってきますね。

私は2コ700円の大きな梨とキノコやさつまいもをかごに入れました。キノコはお味噌汁にしようかな?さつまいもご飯もいいかしら?作るのも食べるのも楽しみです!!


帰りには、道路の向かい側にある「汁守神社」にも寄ってみました。「しるもり」というはちょっと変わった名前だなあと思っていたのですが、府中の大国魂神社に供える「汁物」を調製していたことに由来するそう。食べ物にまつわる農業の神様がいらしゃるのだそうです。神聖な場所なのでここが黒川の一番地になっているのも納得です。

境内には川崎市選定の「まちの樹50選」に選ばれた「やぶ椿」もあります。大きな樹木が生い茂り静かな風が吹いていて、秋の風情を感じることができました。30日には例大祭が行われ、子どもみこしや屋台が出るそうですよ。(S)