編集部スタッフこぼれ話 STAFF'S EPISODE

GOGO♪カノン 多摩川で初泳ぎ~編


ここのところ毎日猛暑でへたばっていた私(^_^;) それを見て、ママったら、「カノンに泳ぎの楽しさを教えてやろう」なんて・・。え~、また新たに私の知らないことをさせようなんて企ててるな・・。

知らない人、知らない場所、知らない事・・全部苦手なのに。ワンコっていうのは普通は何にでも「もういいよ」って言うほど好奇心旺盛で、お茶目らしいんだけど、私はいつでも寡黙で警戒心旺盛・・???
 
本日は午前中既に外気温34度。うひ~水に入れば涼しい、とかっていうけど、家にずっとおこもりしてた方が良いような気がする・・
 
ママが、ウダウダ言ってるカノンを車から降ろしたのは多摩川の登戸辺りより若干上流の河川敷公園。対岸の遠くの方まで浅めで流れがとっても綺麗。沢山の大人や子どもが川の中に入って遊んでいたよ。
ここのお家の、今は亡き先住犬たちはみんな泳ぎが大大大好きだったそうで、水とさえ見れば、湖の真ん中であろうが、大海であろうが、凍りかけた真冬の滝であろうが、飛び込んで行ったそうなの。
でも、私はちょっと違う・・。
私の犬種って、水猟犬らしいのだけど、そんなこと私には関係ないわ。とにかく初めてのことにはハラハラヒヤヒヤしちゃうんだもん。強引にリードで引っ張られて水に引きずり込まれ、「助けてください」と、声にならない声で嫌々をしている横で、小さなミニチュアダックス君がズンズン川の中へ・・。一体どういうこと?! ママが腰の引けきってる私に対して「さすがカノン。ものすごく嫌そう!情けないなあ・」・ってダックス君と見比べながら苦笑いするんですけど・・。ワンコのみんな、平気で水に入らないでよね。泳ぎはアヒルや蛙に任せておけばいいのよ。ワンコは陸の上で走れば良いじゃないの(*_*)
 
あっ、ボール・・・!でもダメよ。今はそれどころじゃないんだから。ママ、自分で投げたんだから、自分で川の中にざぶざぶ入って取ってきなさい。・・だから私はいいってばぁ・・。今はボールには興味ないです。どうやって岸についたらそのままもう川に入らないで済むか、考え中(`^´)
ウゥう・・。今度はおやつ攻撃と来たか! 食べ物にはてんで弱いのを知ってて、ママったら・・。
ヒ~!怖いよお。でもおやつが私を呼んでいる♪ これは無視出来ない。行くしかない!
うわっ!ヤダ!何これ!足がつかない!ダメダメ、怖すぎ!でもおやつ・・。ホッ・・。
え?またそっちでチラチラおやつを見せびらかすぅ。行くわよ。食い意地だけは凄いですから。
あ、私泳いでる。少しさっきより怖くないわ。あ、でもまた離れておやつチラチラ攻撃を・・。
いつまでたってもお休みさせてくれないの?確かに気持ちいいけど、顔に水がかかるのは、お嬢様犬カノンとしてはちょっと・・。フ~・・ブルブルッ!
河川敷でサッカーをやっていた小学生たちも応援してくれてる。これじゃあいいとこ見せないと・・。
眼下を小さな魚たちが平気で泳いでいるのよ。なんか、感動!
 
ちょっと疲れたけど、悪くないかも・・。また来たいかも・・。今度は獣医さんちのBちゃんか、私が一方的に大好きなHちゃんも一緒に来られたら、カノンもっともっと泳ぎが楽しく上手になる予感!その時はおやつ無しで頑張るわ。そうそう、川で遊ぶときにはスニーカーとか、ちゃんと足から離れず動けるものを履いてね、石の上もツルンと滑って危ないからね (C)