暮らしのコラムタイトル
 
『あした、がっこうへいくんだよ』の主人公ぼくは、初めて学校に行く前夜、なかなか眠れません。ぬいぐるみのくまウィリーにいろいろ語りかけることで自分を励まします。読み進むうちに、いつの間にか勇気をもらえるすてきな本です。
『くんちゃんのはじめてのがっこう』も入学時の子どもの喜びや期待、不安などの心情をやさしくとらえて描かれています。読み書きも計算もできないくんちゃんは、心配のあまり教室から逃げ出して…。それでも窓から教室をのぞく、くんちゃんのかわいいこと! 先生の「くんちゃんのくで始まる言葉は?」の問いに思わず「くま、くるみ、くまんばち!」と答えて、こんな勉強ならぼくもできる!と安心して教室に戻るのです。さて次の朝、くんちゃんは早起きをしてどうしたでしょう。温かい「おまじない」のような絵本です。
この時期には「1年生になれないよ」とつい言ってしまいますね。いいえ、大丈夫、みんな1年生になれます。むしろ「学校に行ってもあなたなら大丈夫。困ったときは一緒に考えてあげるよ」と伝え、子どもの力を信じて、なるべくおおらかに見守りましょう。いつでも話を聞いてくれる、一人ではどうにもできないときは助けてくれる、という安心感が、子どもの支えとなるでしょう。
 
絵本表紙
 
 
米倉さん
米倉 由布子(よねくら ゆうこ)
 
白山子ども図書館ほんの森
麻生区白山1-1-5(白山愛児園地域交流スペース内)
TEL:090-4128-5647(虹の会)
URL:http://honnomori.webcrow.jp/

タグ: