麻生区・新百合ヶ丘エリアの地域情報紙 マイタウン > 連載・コラム SERIES > 風のタイムトリップ > 【風のタイムトリップ vol.70】梅の花咲き渡る 甲州道中、武蔵国境の関所跡

連載・コラム SERIES

【風のタイムトリップ vol.70】梅の花咲き渡る 甲州道中、武蔵国境の関所跡


 

 前回のタイムトリップの中でご紹介した甲州道中の「小仏関」は、北条氏が武蔵国と相模国境の要衝として、天正年間(1573~1592年)に小仏峠に築いた関所であった。山頂からの眺望により富士見関とも呼ばれていたが、その後、武田や織田、今川などの周辺の有力氏が滅んだことから麓に降ろされ、さらに天正18(1590)年に北条氏が滅ぶと、関東に入った徳川氏によって今の場所に移された。関所の西を小仏宿、東側を駒木野宿と呼ぶため、駒木野関とも呼ばれ、甲州道中の中では、最も堅固な関所であったという。
 春まだ浅い3月初旬、小仏関跡を訪れる。江戸時代の絵地図によれば、関所には東西に門があり、門の外には深い川が流れて、駒木野橋が架けられていたという。その川跡と思われるあたりに「区画整理のため橋を撤去した」との碑が残されていた。
 当時、小仏関には常に4人の関所番(関守)が置かれ、彼らは関所の近くに屋敷地をもらって住んでいた。関所を通過できるのは明け六ツ(午前6時)から、暮六ツ(午後6時)までで、鉄砲手形や町人手形などが必要だったという。関所跡碑が立つ柵内には、番所の前に置かれていた手形を並べる「手形石」と、手を付いて通行許可を待つ「手付石」が残され、当時の取り調べの厳しさをしのばせていた。
 明治時代になると全国の関所の廃止とともに、小仏関も取り壊された。そして明治21(1888)年、甲州街道が甲州道中の小仏峠ルートから現在の大垂水峠を越えるルートに変更されると、旧道を保存しようという動きが高まり、国の史跡に指定されたという。
 ところで、この小仏関所跡から小仏峠に向かう旧道沿いには、関所梅林から天神梅林、湯の花梅林、木下沢梅林などの数々の梅林が点在し、高尾梅郷と呼ばれている。中でも木下沢梅林は丘一面に約1400本もの紅梅・白梅が咲き渡り、特別開放期間は梅園内の遊歩道を散策することができる。
※木下沢梅林の今年の特別開放期間は2017年3月26日(日)で終了

 

小仏関跡
小仏関跡

 

圏央道
高尾梅の郷まちの広場から圏央道を見上げて

 

木下沢梅林
木下沢梅林

 

風のタイムトリップ地図

 

●小仏関跡(関所梅林):八王子市裏高尾町419-1外
●木下沢梅林:八王子市裏高尾町1356付近

カテゴリー
CATEGORIES

連載・コラム SERIES