連載・コラム SERIES

【学びコラム】受験英語の基礎とは何か (2)


 

自動詞と他動詞の区別についてです。ほとんどの一般動詞には自動詞と他動詞、両方の用法があります。例えば「face」。辞書の見出しには、自動詞は「顔を向ける、面している」、他動詞は「~の方に顔を向ける、~に面している」とあり、その意味だけではどちらを使って良いか迷います。基本となる用法は、辞書に先に書かれる方です。
では自動詞と他動詞の基本的用法の違いはどこにあるのでしょうか?「自動詞」は、主語「自」らの「動」きや状態を表す「詞」で、主語が何をしているか・どんな状態かを説明しています。一方「他動詞」は、主語が「他」に「動」作を向ける・働きかける「詞」で、その対象が目的語です。つまり、主語が主語以外の存在=目的語に何をするかを説明しているのです。そう考えると、「face」の自動詞と他動詞の用法の違いがわかってきます。
 

本多正明氏
文 ・ 本多 正明(ほんだ まさあき)
TSK東京進学会
代表、英語担当

 
 

TSK東京進学会
住所/東京都多摩市落合1-3-7 ハルシオンコート501
TEL/042-375-3163
URL/http://tsk-tokyo-shingakukai.com/

カテゴリー
CATEGORIES

連載・コラム SERIES