連載・コラム SERIES

【学びコラム】受験英語の基礎とは何か (1)


 

「大学受験に向けて英語を基礎から勉強したいのですが、どうすれば良いのでしょうか?」という質問をよく受けます。大学受験では、中学英語から高校英語まで幅広く出題されますが、だからといって中学のテキストから始める必要はありません。それは、大学受験のための基礎英語だからです。では、「基礎」とは何か、どう学んでいけば良いのか。ズバリ!「動詞」です。というのも、動詞はどの分野にも必ず関係しているからです。例えば、英語の五文型を決めるのは自動詞と他動詞です。この区別から動詞の語法問題が始まります。現在分詞と過去分詞の用法、関係代名詞と関係副詞の使い方他、大学受験英語で貴重な項目の全てに関わっています。そこで学び方です。まず、be動詞と一般動詞の区別がつくか、現在形・過去形は覚えているか、疑問文・否定文を正しく作れるか。これらを完全にすることが肝心です。
次回は、自動詞と他動詞の区別についてお話します。

 

本多正明氏
文 ・ 本多 正明(ほんだ まさあき)
TSK東京進学会
代表、英語担当

 
 

TSK東京進学会
住所/東京都多摩市落合1-3-7 ハルシオンコート501
TEL/042-375-3163
URL/http://tsk-tokyo-shingakukai.com/

カテゴリー
CATEGORIES

連載・コラム SERIES