連載・コラム SERIES

【住まいのいいね!】自然エネルギー


 

 弊社には発電所が3つあります。1基目は20年前に事務所の屋根に設置した、最大発電電力2.5kWのアモルファス光発電です。事務所の電気使用料が高く、貢献度が目には見えません。2基目は2014年12月から稼働を始めた最大発電電力11.4kWで、昨年の年間総発電量13,829kWhは全て売電。月平均発電量は1,152kWh、最高発電量は5月の1,655kWh、最低は11月の765kWhでした。さて今年度はどうかと比較してみると、8月末までの総発電量が昨年比4.3%減。この9月は雨模様の日々が続き太陽も満足に顔を出していないので、昨年9月比では12%も下がっています。3基目は最大発電電力3kWで、昨年末にモデルハウス「家の展示館」に設置。温熱計測中で、エアコンを27度設定にして連続運転しています。建物の断熱性能はHEAT20 G2・G1の中間レベルですが、発電能力不足で結果的に7月・8月は買電が勝っていました。
 3つの発電所は真南向きの屋根に搭載され、日影を作る障害物もない好条件ですが、発電量は天候で大きく変動し、屋根面積にも関係しています。最近は敷地がうなぎの寝床のようになり、太陽光パネルを載せる大屋根は望めなくなっています。太陽光発電は光熱費を抑えるという経済的なメリットがありますが、環境によって大きく左右されます。私は今日も空を見上げて天候を気にしています。

 
 

鈴木 亨(株式会社鈴木工務店 代表 一級建築士)

文 ・ 鈴木 亨(すずき とおる)
株式会社鈴木工務店 代表
一級建築士

 
 

株式会社 鈴木工務店
住所/町田市能ヶ谷3-6-22
TEL/042-735-5771
URL/http://suzuki-koumuten.co.jp/

カテゴリー
CATEGORIES

連載・コラム SERIES