連載・コラム SERIES

【住まいのいいね!】原風景


 

 JAMRA民家バンクには、昨年4月から今年3月までに新規登録物件が10軒あり、3月現在の合計数は34軒、この間に引き取り先が決まり再生された民家は3軒、登録抹消された民家は20軒に上ったそうです。日本各地に点在する民家は、過疎化と維持管理の難しさ、耐震問題などで、急速に消滅へと向かっているようです。
 7月末に訪れた京都では、高層マンションとホテルが建設ラッシュ。柔らかく、えぐみがない格別のうまさと珍重される京都・洛西一帯で採れる筍ならば美しさも感じますが、この雨後の筍は、そろった屋並みの美しさを破壊し、京都市街を取りまく山々の連なりを断絶しています。一方で、風景の保存と再生で町並みに賑わいと美しさ、そして新しい暮らし方をと、町屋のリノベーションを行う努力がされています。
 熊本城には安土桃山から江戸時代にかけて築かれた13の重文が残っていましたが、石垣の崩壊等で大きな被害が出ました。歴史の生き証人であり、風景・技術の伝承にも意味がある熊本城の再建が始まりました。
 鶴川でも大正時代までは、イチハツなどの乾燥に強い根はりの植物を植え、土を固めるという防水工法で作られた芝棟の茅葺民家が多かったようです。周囲で宅地化が進む中、この5月に可喜庵はそんな原風景を復活。シャレた新しい屋根の姿になり、その下で「可喜くらし―旅の風に吹かれて」のサロンを開催しています。

 
 

鈴木 亨( 株式会社鈴木工務店 代表 一級建築士)

文 ・ 鈴木 亨(すずき とおる)
株式会社鈴木工務店 代表
一級建築士

 
 

株式会社 鈴木工務店
住所/町田市能ヶ谷3-6-22
TEL/042-735-5771
URL/http://suzuki-koumuten.co.jp/

カテゴリー
CATEGORIES

連載・コラム SERIES