連載・コラム SERIES

【住まいのいいね!】暑さ対策


 
徒然草の「家の作りやうは、夏をむねとすべし」という言葉は、長年日本人の心に染み込んでいます。今夏もエルニーニョ現象で猛暑が到来するのでしょうか。国の施策で、家の断熱性能を上げ、地域に合った省エネ基準が要求される時代になり、日々の暮らしの消費エネルギーの出入りをゼロにすることが望まれています。断熱、気密と窓性能の向上で、冬温かい家に住めるようになりましたが、夏の日射対策もしっかりと考えた家づくりが大切です。日常生活で排出される体温や家電製品、照明の熱は、換気をすることが第一です。外壁には多くの窓があり、家の周りに障害物がなければ一日中直射日光が部屋に差し込み、室温は鰻上り。南面が総ガラス張りで庇が無い家に入った時には、エアコンはフル運転で内側にブラインドもありましたが、熱中症にかかるのではと心配しました。南欧の家では、日射遮蔽もする外ブラインドが付いた窓も見られます。日本で言う簾やヨシズのようです。太陽の高度が低い東面の日射侵入率は南面より高くなるので、軒を大きくせり出せば梅雨時でも窓を開閉でき、縦方向にも設けると効果が増します。東西の壁を南に伸ばして日射量を防ぎ、2階バルコニーは1階の庇に。大きな屋根が覆う農家の縁側に寝転んでいると、抜ける風の心地良いこと。日射遮蔽もしてくれて、陰影が建物に表情を作っていました。もちろん、エアコン無しです。
 
 
鈴木 亨( 株式会社鈴木工務店 代表 一級建築士)
文 ・ 鈴木 亨(すずき とおる)
株式会社鈴木工務店 代表
一級建築士
 
 
株式会社 鈴木工務店
住所/町田市能ヶ谷3-6-22
TEL/042-735-5771
URL/http://suzuki-koumuten.co.jp/

カテゴリー
CATEGORIES

連載・コラム SERIES