連載・コラム SERIES

【食を愉しむ】栄養価豊富な柿


 
かき
 
 厳しい暑さもようやく和らぎ、過ごしやすい季節になりました。いよいよ食欲の秋到来! 皆さんはどんな秋の味覚を楽しみにしていますか。紅葉と共に赤く色づく「柿」はいかがでしょうか。
 麻生区王禅寺は禅寺丸柿発祥の地として知られ、地名や駅名に「柿生」と記されるほど柿が人々の暮らしと共にありました。明治天皇に献上された禅寺丸柿は、柿生駅から東京、各地へと出荷されていましたが、嗜好の変化によって大玉でタネの少ない品種が主流となり、市場から姿を消していきました。保存会では「農家の生計を支えた禅寺丸柿を次代に」と、学校や公園などに植樹し、禅寺丸柿ワインを醸造・販売し普及に努めています。セレサモス麻生店でも「昔懐かしい柿」として人気を博すようになりました。
 店で見かける柿は「富有」「次朗」など品種もさまざま。いずれの柿もヘタが果実に張り付いていて隙間がなく、重みを感じられるものを選ぶのがベスト。すぐに食べない時はヘタの上に湿らせたティッシュをのせ、ポリ袋などに入れ冷蔵庫で保存すると2~3週間日持ちします。ビタミンCやカロテン、ミネラルなどの栄養素が豊富で、高血圧・脳卒中・二日酔いなどの防止効果も期待される柿。「柿が赤くなれば、医者いらず」。柿を上手に食して健康管理に役立ててください。
 
齋藤 俊和( JAセレサ川崎 経営企画部広報課 課長)
文 ・ 齋藤 俊和(さいとう としかず)
JAセレサ川崎
経営企画部広報課 課長
 
 
ファーマーズマーケット セレサモス 麻生店
住所/麻生区黒川172
TEL/044-989-5311
URL/http://www.jaceresa.or.jp/

カテゴリー
CATEGORIES

連載・コラム SERIES