連載・コラム SERIES

【住まいのいいね!】家のネーミングを考える


 
グガルン・ハウス(月見の家)
 
 英国で25年ぶりに誕生した王女の名前は「シャーロット・エリザベス・ダイアナ」に決まりました。名前が付いたことで、他国のこととはいえ親しみを覚えます。英国では、多くの家の建物自体にも名前が付いていますが、麻生区近隣にもそのような家があります。小田急線・鶴川駅近くにある「武相荘」は、白洲次郎・正子夫妻が長年住んでいた家で、「武蔵の国と相模の国の境に位置する」ことと「無愛想」を掛けたものだそうです。また、同駅前にある白塀に囲まれた庭園付の住宅「香山園」(今年3月に閉館)は、昔は「お灸てん」という屋号で呼ばれていました。地域に同姓の家が多くあり、屋号で呼び合う方が判別しやすかったのでしょう。
 スイスでは、山間にある「グガルン・ハウス(月見の家)」と命名された家を訪問したことがあります。先祖代々住み継がれ、今はサマーハウスとして使っているそうです。日中の訪問でしたのでお月見は叶いませんでしたが、想像に難くない素晴らしい風景でした。
 皆さんもご自宅のネーミングを考えてみてはいかがでしょうか。個性が出て他にはない家になり、ネーミングに沿った暮らしも見えて張り合いが出ます。ご近所とのコミュニケーションも深まるでしょう。弊社では、幕末に建てられた茅葺民家を「可喜庵」と名付け、今に残しています。
 
鈴木 亨( 株式会社鈴木工務店 代表 一級建築士)
文 ・ 鈴木 亨(すずき とおる)
株式会社鈴木工務店 代表
一級建築士
 
 
株式会社 鈴木工務店
住所/町田市能ヶ谷3-6-22
TEL/042-735-5771
URL/http://suzuki-koumuten.co.jp/

カテゴリー
CATEGORIES

連載・コラム SERIES