親子3代で七草粥を味わう様子
親子3代一緒に七草粥を味わう姿も
1月7日、澄み渡った青空の下、毎年恒例となっている麻生文化協会による行事、「あさお古風七草粥の会」が開催されました。地元古沢で摘まれた七草をはじめ、米や野菜などもすべて麻生区産の食材を使用し、お粥に入っている餅も早野聖地公園ボランティアが焼いた炭を用いて焼かれるなど、こだわりの詰まった七草粥。今年は約1,000食が無料で振る舞われ、会場となった麻生区役所前広場は、その味わいを楽しむ来場者で賑わいました。
 
また、会場内では「白鳥神社おはやし保存会」によるお囃子や「麻生童謡をうたう会」による歌の披露、羽根つきやカルタ取りなどのお正月遊びコーナーなど、お正月気分を盛り上げる催しも行われました。
 
今年で16回目を迎える本イベント。来場者からは「これほど丁寧に作られたおいしい七草粥はなかなかない」といった声や、「新春の恒例行事として毎年楽しみにしている」「今年も元気に来れてよかった」といった声が聞かれました。
 
 
【お問合せ】
麻生区文化協会(麻生市民館内)
TEL:044-951-1300