丘の上JAZZ in 東京よみうりカントリークラブ
出演は右近茂カルテット with 紗理!
丘の上ジャズは今年で6年目。おなじみの右近茂カルテットにスウィートな歌声、キュートなジャズシンガー「紗理」を迎え、丘の上ジャズ恒例のスタンダードナンバーを、気軽に食事をとりながらお楽しみいただきます。
 
 
《出演》
右近 茂(テナーサックス)
1963年神戸市生まれ。幼い頃観た古いハリウッドのジャズ映画などに魅せられ、ジャズメンの道を志す。上京後、若手には珍しく、都会的でオーソドックスにスイングするテナーマンとして注目を集め、世良譲(Pf)、北村英治(Cl)、藤家虹二(Cl)、猪俣猛(Ds)ら大御所のミュージシャンとの多くの共演でキャリアを積む。1998年にはスイング系テナー奏者として人気のハリー・アレンとテナーバトルを演じ好評を博す。また,数少ないクラリネット奏者としての評価も高く、藤家虹二のアルバムに参加。2001年にファーストアルバム『Ukon At Ease』を発表。猪俣猛ジャズカルテットで、客船「飛鳥2」ワールドクルーズにゲストエンターテイナーとして毎年乗船。現在は自己のカルテットで横浜ロイヤルパークホテル「シリウス」のレギュラー出演のほか、北村英治クインテット、猪俣猛カルテット、谷口英治(Cl)セクステットなどメンバーとして活躍中。2008年にセカンドアルバム『ストレンジャー イン パラダイス』をリリース。日本ジャズ賞にノミネートされた。 偉大なジャズ・スタンダードを小粋に,スインギーに良い音で演奏してゆくことをモットーにしており、現代的な感覚とトラディショナルなイディオムがハイレベルで融合したテナーマンである。
 
バーニー田辺(ギター)
1965年1月13日生まれ。東京都出身。10歳からギターを始め、高校時代からジャズに傾倒しジャズギターを宮之上貴昭氏に師事。1985年からプロとしての活動を開始し、1988年に渡米。ニューヨークを中心に多数のミュージシャンとセッションを重ねる。1999年、岸ミツアキ・トリオで、カリフォルニア州・コンコードジャズフェスティバルに出演。カウントベイシーオーケストラ、ローズマリークルーニー、マンハッタントランスファーなどと同じステージに立つ。阿川泰子/岸ミツアキ/LOVE NOTES等、CD・DVDなどのレコーディングセッションにも数多く参加。LOVENOTESではTV番組のアレンジやCMソングの提供、CMにも出演。 PPMのポールストゥーキーとLAでレコーディング。 最近ではテナーサックスのスコットハミルトン、ピアニストノーマンシモンズのツアーとレコーディングに参加。 また教則本の出版や音楽雑誌の試奏レポート等、他分野で活躍。2004年リーダーアルバム、バーニーズチューンをスキップレコード より発売。 ウェス・モンゴメリー、バーニー・ケッセル、フレディ・グリーン、などを敬愛し、ソロギターからビッグバンドのアンサンブルに至るまで、幅広いスタイル をこなすプレイヤーとして定評がある。
 
紗理(ボーカル)
1985年横浜生まれ。日本を代表するジャズサックス奏者、中村誠一(T.sax)の娘。5歳よりダイアナ石山Song&Danceミュージカル教室に通いダンスと共にミュージカルナンバーを学ぶ。ミュージカル女優を目指していた高校2年次、エラ・フィッツジェラルドの歌に衝撃と感銘を受け、ジャズヴォーカリストになりたいと思うようになる。「味の素ギフト」「タイヤ館」「三ツ矢サイダー」のCMソングやナレーションなどでも活躍。現在、ジャズシンガーとして、ソロ活動をする傍ら、紗理(vo),優日(vo)の2人から成るジャズコ‒ラスユニット“Chai-Chii Sisters(チャイチーシスターズ)”でも活躍中。2012年5月発売のジャズシンガーakikoと共にニューオリンズでレコーディングしたミニアルバム、“Swingy Swingy with Chai-Chii Sisters”にてフィーチャリングされる。
 
ジャンボ小野(ベース)
1954年9月17日生まれ。東京都渋谷区出身。兄の影響で9歳頃からギターなど楽器に親しみ始め、仲間とグループを作りbassを担当。高校在学中よりベテランバンドに混じってアルバイトもし始めた。卒業後woodbassに興味を持ち柴田恒夫氏に実技、荒川康夫氏に理論を習う。20代はジャズクラブ「After 6」を中心にSir Charles Thompson、Red Richards、Gene Roders他、沢山のアメリカのピアニストのグループでジャズのスピリットを学ぶ。30代では、フリーのミュージシャンとなり様々な活動を開始する。この頃来日中のScot Humiltonとも共演する。現在コンボでは、谷口英治6、岩見淳三 with Yayoi、など、フルバンドでは、鈴木正夫と「スウィンゴタイムス」、そして菅原洋一氏、旗照夫氏、しばたはつみさんなどのサポートとしても活躍し、さらに若手の鈴木重子さん、 小林桂君 などのステージにも参加。その他都内ライブハウスにも出演する傍ら、数々のレコーディング、 ミュージカルの劇伴等にも熟し、音楽のジャンルもクラシック、タンゴカンツォーネにまで興味を持ち今なお活躍の場を大きく広げようとしている昨今である。ちなみに、愛用のガスパロ・ダサーロは西暦1600年頃イタリアのベルシアで作られた名器で裏板のネックに近い部分には聖母マリア像が埋め込まれている。その音色は深く、優しく聴くもの心を忽ち虜にしてしまう不思議な魅力を持っている。
 
岡田 朋之(ドラム)
1969年生まれ。和歌山県出身。高校卒業後、上京し故・呉在秀氏に師事。20歳頃から演奏活動を始める。武蔵野音楽学院卒業後は、Mt.Fujiジャズフェスティバル等、様々なジャズフェスティバルや、ミュージシャンのジャパンツアーへも参加。右近茂カルテット、谷口英治NEWカルテットのレギュラーにて活動中。ジャズを中心にポップスやシャンソン等も演奏し活動している。
 
 
《演奏予定曲目》
ムーンリバー、星に願いを、A列車で行こう、他
 
 
丘の上JAZZ in 東京よみうりカントリークラブ 昨年の様子
昨年の様子
 
 
[INFORMATION]
開催日時:2017年9月18日(月・祝) 18:50開演(開場18:00) 
会場:東京よみうりカントリークラブ内レストラン(小田急線・新百合ヶ丘駅よりクラブバス、またはタクシー15分)
料金:5,000円(全席指定・ワンドリンク&オードブル付・税込) 
※コース料理1人3,000円(税込・予約制)も有。
※ドリンクは、生ビール、スパークリングワイン、ソフトドリンクから選択。
※その他フード、ドリンクメニューも用意。
※1〜4名用の席を用意。
※未就学児入場不可。
※Tシャツ、ジーンズ、サンダルでの入場は不可。
 
クラブバス発車時刻・場所:新百合ヶ丘駅より徒歩2分「ホテルモリノ」正面玄関より、17:50、18:20発
※終演後も新百合ヶ丘駅まで運行。
 
クラブバス乗り場地図
クリックで拡大
 
丘の上JAZZ in 東京よみうりカントリークラブ チラシ
チラシ(PDF)ダウンロード
 
 
【お申込み・お問合せ】
東京よみうりカントリークラブ
TEL:044-966-1144(予約専用ダイヤル、年中無休、10:00〜18:00)
URL:http://www.tokyoyomiuri.com/
 
 
主催:東京よみうりカントリークラブ
協賛:株式会社エリアブレイン(MYTOWN発行元)